脱毛の月額制と都度払いのメリットデメリットを比較【選ぶ際のポイント】

脱毛料金の全額前払いに、非常に大きなリスクを感じていませんか?

お金は払っているのに施術が受けられないなんて、あまりにも理不尽です。
ましてや返金してもらえない可能性があるなんて、到底納得できません。

そこでおすすめな支払い方法が、全額前払い不要の「月額制」と「都度払い」です。
とはいえ、どっちを選ぶべきかがよく分からないかもしれません。

そこでここでは、月額制と都度払いのメリットデメリットを比較した上で、選び方のポイントを解説しています。

どちらかを選ぶことで、全額前払いのリスクを回避できます。
金銭トラブルに巻き込まれる心配をすることなく、安心して脱毛に通えます。

脱毛の月額制と都度払いのメリットデメリットを比較

脱毛の月額制と都度払いのメリットデメリット

支払い方法 メリット デメリット
月額制
  • まとまったお金が必要ない
  • 毎月定額で脱毛に通える
  • 毎月の支払額が安い
  • 倒産されても被害額はほぼゼロ
  • 全身脱毛1回に複数回の施術
  • 毎月必ず通わなければいけない
  • 当月予約の翌月持ち越し不可
  • シェービング代が有料
  • 解約を忘れると永遠に払い続ける
  • 取り扱いサロンが少ない
都度払い
  • まとまったお金が必要ない
  • ローンを組む必要がない
  • 毎月の支払いを心配しなくていい
  • 支払いは施術分だけでムダがない
  • コース契約不要で勧誘もなし
  • 解約返金手続きの手間が不要
  • 倒産されても被害額はゼロ
  • 脱毛1回当たりの単価が最も高い
  • 各種割引の対象に入らない
  • 取り扱いが非常に少ない

月額制と都度払いに共通する最大のメリット

脱毛の月額制と都度払いには、どちらにも共通する大きなメリットがあります。

それは、全額前払いしない点です。

回数パックプランや通い放題は、多額の費用を全額前払いします。

管理人A

分割払いの場合、信販会社が私たちに代わって脱毛サロンやクリニックに全額支払っています。
私たちはそのお礼として、金利手数料(利子)を上乗せして毎月返済します。

全額前払いするお金には、将来受ける施術回数分の料金が含まれています。

にもかかわらず、有効期限を過ぎれば施術を受けていなくても、問答無用ですべて無効になってしまいます。

予約が思うように取りにくい人気サロンほど、期限切れで大金を無駄にしてしまうリスクが高くなります。
当然、返金なんてしてもらえません。



倒産を目の当たりにする女性 イラスト

更に最悪なパターンが、脱毛サロンの倒産です。

解約すれば返金されるようになってはいますが、それはあくまでも制度上でのお話です。

過去に大手脱毛サロンが倒産したケースは何件かありますが、いずれも契約者への返金はされていません。

契約した施術は受けられないのに払ったお金も返金されない、という最悪な状況に陥ります。



こうした金銭トラブルが起こる原因はすべて、全額前払いにあります。

でも月額制や都度払いで脱毛を契約すれば、こうした返金されないリスクは回避できます!

月額制のメリット

脱毛の月額制とは、いわゆる「サブスク」です。
毎月定額料金で、脱毛の施術を受ける権利を買います。

1ヶ月単位の契約が、解約されるまで自動更新されます。

したがって、数年先や数ヶ月先の料金を払うことはありません。

支払いは、「クレジットカード」や「口座振替」で行います。

「月額○○円」や「月々○○円」という表記だけでは、月額制かどうかは判断できません。

月額制のメリット

  • まとまったお金が必要ない
  • 毎月定額で脱毛に通える
  • 毎月の支払額が安い
  • 倒産されても被害額は限りなくゼロ

都度払いのメリット

都度払いで脱毛すれば、施術を受けた分しか料金を払う必要がありません。

支払いは、「現金」「クレジットカード」「電子決済」などで行います。

脱毛1回当たりの単価は一番高いですが、金利手数料(利子)が上乗せされないため、支払総額ではローンを組むより安くなります。

また、都度払いには有効期限内の消化という概念がありません。
期限切れでお金をムダにする心配も、まったくありません。

自分のペースやタイミングで通えるの点も、都度払いの良いところです。

都度払いのメリット

  • まとまったお金が必要ない
  • ローンを組む必要がない
  • 毎月の支払いを心配しなくていい
  • 施術を受けた分しか払わないからムダがない
  • コース契約不要だから勧誘の心配がない
  • 解約返金手続きの手間が不要
  • 倒産されても被害額はゼロ

月額制と都度払いで迷った時の選び方

月額制と都度払いはどちらも「全額前払いしない」という非常に大きなメリットがあります。
そこで悩むのが、どちらを選ぶべきかではないでしょうか?

選び方のポイントとしては、デメリットも含めて検討することです。

月額制と都度払いのデメリットを、ここで確認しておきましょう。

月額制のデメリット

月額制には、多くのデメリットが存在します。
それでも実は最近、月額制での脱毛を希望する女性が増えています。

もちろん、月額制のデメリットを承知した上での話です。

最大の理由は、2022年4月以降現在進行形で起こっている大手脱毛サロンの金銭トラブル問題です。

月額制のデメリット

  • 1回の施術で全身脱毛1回が終了しない
  • 毎月必ず通わなければいけない
  • 当月の予約を翌月に持ち越せない
  • シェービング代が有料
  • 解約を忘れると永遠に払い続ける
  • 取り扱いサロンが少ない

都度払いのデメリット

都度払いには、実はデメリットらしいデメリットは存在しません。

都度払いのデメリット

  • 脱毛1回当たりの単価が最も高い
  • 各種割引の対象に入らない
  • 取り扱いが非常に少なく契約先が限られる

脱毛1回当たりの単価が割高なのは事実ですが、金利手数料(利子)がかからないため、分割払いするより支払総額は安くなります。

各種割引の割引額は、金利手数料(利子)を上回ることはありません。

つまり都度払いは、ローンを組んでの分割払いと比較しても実質的に安く脱毛できるんです。

契約先が限られるのは確かですが、それは月額制でも同じです。

月額制や都度払いで全身脱毛できる医療脱毛クリニック

ここでは具体的に、全額前払い不要の月額制や都度払いで全身脱毛できる医療脱毛クリニックを紹介していきます。

まず最初に、医療脱毛に月額制(サブスク)は存在しません。
したがって全額前払い不要の医療脱毛を希望する場合は、都度払いの一択となります。



ただしレディースの医療脱毛で、都度払いを扱っているクリニックも残念ながらほとんど存在しません。

そもそも、顔とVIOを含む全身脱毛を医療脱毛で受けようと思えば、5回で約34万円が相場です。
1回の単価に換算すれば、68,000円です。

毎回68,000円の支払いは、大部分の人にとって現実的な金額ではないでしょう。

支払額の大きさが、都度払いに対応しているクリニックが増えない理由になっている可能性は充分あり得ます。

ただ、顔もVIOも含まない全身脱毛をはじめとした低料金のプランでなら、今後都度払いに対応してくれるクリニックが増えるかもしれません。

グロウクリニックなら顔もVIOも含む全身脱毛に都度払いで通える

グロウクリニック イメージキャラクター

グロウクリニックなら、顔とVIOを含む全身脱毛で都度払いできます。

その他のクリニックでは、残念ながら確認できませんでした。

参考までに言えば、顔とVIOを含む全身脱毛以外でも、都度払いに対応しているクリニックはほぼありません。

グロウクリニックの都度払い料金(税込)

プラン 初回限定価格 2回目以降
全身脱毛 + 顔 or VIO 28,800円 37,000円
全身脱毛 + 顔 ・ VIO 38,000円 47,500円
顔全体 11,000円 15,000円
VIO 11,000円 15,000円

グロウクリニックは、ラシャというダイオードレーザーの脱毛マシンを採用します。
ラシャは、熱破壊式と蓄熱式を併用して施術を行えます。
そのため、太く濃い毛はもちろん、細く薄い毛にも効果が落ちません。

また、痛みの少ない蓄熱式でも照射できるため、痛みに弱い人にもおすすめできます。

全身脱毛1回が約90分で終了するので、拘束時間が短く済みますし、何より予約が取りやすくなっています。

ただ、3院(新宿、渋谷、金沢)しかないのが残念でなりません。
今後の展開に期待したいところです。

<どんな肌でもツルツルに!>

月額制や都度払いで全身脱毛できる脱毛サロン

月額制や都度払いで通える脱毛サロンは確かに少ないですが、選択肢が少ない分逆に迷わずに選びやすいとも言えます。

どうせ契約するのは一社だけなので、むしろ前向きに捉えられるくらいです。

月額制ではほぼ一択のストラッシュ

ストラッシュ

月額料金:4,400円
全身1回完了までの期間と施術回数:2ヶ月4回
最低契約月数:2ヶ月
生理の時の対応:VIO・ヒップ以外は可
シェービング代:1,000円
割引:初月0円

月額制で脱毛するなら、実質的にストラッシュ一択です。

1ヶ月に2回×2ヶ月の、計2ヶ月に4回の施術で全身脱毛1回が終了します。

月額料金は4,400円なので、全身脱毛1回当たりの単価は8,800円と回数パックプランより約1万円お得です。
シェービング代が毎回上乗せされたとしても、月額制の方が安いままです。

初月0円キャンペーンもあるので、1回目の全身脱毛は4,400円となります。

<月額制で脱毛するならストラッシュ>

都度払いなら断然おすすめな恋肌(こいはだ)

恋肌

恋肌(こいはだ)自体はご存知の方も多いと思いますが、実は最近都度払いができるようになりました。

蓄熱式脱毛機「クリスタルスキン」によるTHR方式の施術で、痛みが少なく全身脱毛1回が約60分で終了します。
都度払いでも、2週間に1回の頻度で通えます。

口コミでの評価も高く、アンケートでは94%の人が知人にも紹介したいと回答しています。

姉妹店のキレミカと合わせれば、全国に100店舗以上展開しています。
店舗移動も自由なので、通いやすさも抜群です。

サロン名 恋肌(こいはだ)
プラン内容 全身脱毛
(顔もVIOも含む)
金額 17,800円(税込)
出店地域 東京都(13)、神奈川県(6)、埼玉県(4)、千葉県(5)、茨城県(4)、栃木県(1)、群馬県(1)、大阪府(6)、京都府(1)、兵庫県(1)、滋賀県(1)、北海道(2)、青森県(3)、秋田県(1)、岩手県(2)、宮城県(1)、福島県(3)、新潟県(2)、石川県(1)、岐阜県(2)、静岡県(5)、愛知県(7)、三重県(1)、広島県(2)、岡山県(1)、島根県(1)、山口県(4)、香川県(1)、愛媛県(1)、高知県(1)、福岡県(4)、佐賀県(1)、長崎県(2)、熊本県(1)、大分県(1)、宮崎県(1)、鹿児島県(1)
特徴 大手では唯一都度払いに対応。口コミでの評価も高い。

初回は割引価格で脱毛できます。

恋肌(こいはだ) 都度払い 料金 全身62部位

<初回限定で14,800円に!>

東京と沖縄限定でおすすめできるミライ

ミライ 店内の写真

ミライ(mirai)は、沖縄県と東京都に出店している脱毛サロンです。

通える範囲内にミライ(mirai)が出店しているなら、月額制ではストラッシュ以上におすすめできます。

月額料金:12,800円
全身1回完了までの期間と施術回数:1ヶ月1回
最低契約月数:1ヶ月
生理の時の対応:デリケート・ヒップ以外は可
シェービングサービス:なし(うなじ・背中上部はお手伝いアリ)
割引:会員制


ミライの全身脱毛の料金(税込)

プラン ゴールド会員 シルバー会員 通常会員
全身+顔+IOプラン 12,800円 13,800円 16,000円
スペシャル贅沢プラン 16,800円 16,800円
全身+顔プラン 11,800円 12,800円 15,000円
全身+IOプラン 11,800円 12,800円 15,000円
全身BODYプラン 9,800円 10,800円 12,000円

ミライ(mirai)は都度払い(通常会員)が売りですが、ゴールド会員やシルバー会員になれば月額制(サブスク)で通えるようになります。

ランクが高いほど月額料金が安くなり、優先的に予約が取れるようになります。
ルール的には、通常会員は28日周期、シルバー会員とゴールド会員は21日周期で予約が取れます。

また、店内商品も、ゴールド会員は10%オフ、シルバー会員は5%オフで購入できます。

月額制でも1ヶ月に1回の施術で全身脱毛1回が終了するため、とても通いやすいのが大きなメリットです。

<全身脱毛が初回980円!>

脱毛ラボの月額制は非現実的で都度払いは未成年限定

脱毛ラボ 藤田ニコル

脱毛ラボには、月額制でも都度払いでも通えます。
ただし、都度払いは未成年限定です。

月額料金:2,189円
全身1回完了までの期間と施術回数:14ヶ月14回
最低契約月数:17ヶ月
生理の時の対応:全部位不可
シェービング代:1,000円(VIO含む場合は1,500円)
割引:16ヶ月無料

脱毛ラボの月額制は、ハッキリ言っておすすめしません。

全身脱毛1回終了までに、14ヶ月もかかります。
しかも、17ヶ月からしか契約できません。



脱毛ラボ 未成年限定都度払いプラン

脱毛ラボは未成年限定で、都度払いプランが新設されました。

人気部位がセットになった3つのプランから選択できます。

サロン名 脱毛ラボ
プラン内容 未成年限定人気部位セット
金額 6,980円(税込)
出店地域 北海道(2)、宮城県(1)、福島県(1)、秋田県(1)、山形県(1)、栃木県(1)、千葉県(3)、群馬県(1)、埼玉県(1)、東京都(7)、神奈川県(2)、長野県(1)、静岡県(2)、富山県(1)、愛知県(2)、石川県(1)、三重県(1)、京都府(1)、奈良県(1)、和歌山県(1)、兵庫県(2)、大阪府(2)、岡山県(1)、広島県(1)、香川県(1)、福岡県(2)、大分県(1)、宮崎県(1)、熊本県(1)、鹿児島県(1)、沖縄県(1)

脱毛ラボの都度払いは、申し込みサイトには掲載されていません。
興味のある方は、無料カウンセリングで確認してみてください。

<申し込みサイトに行く>

混同しやすい支払い方法のおさらい

月額制と都度払いは、実は他の支払い方法とよく混同されがちです。

そのため、こんがらがって話が理解できないって人もいるでしょう。

そこでここでは、月額制と都度払いを他の支払い方法と混同しないように、ポイントを整理しています。

都度払いと1回契約の違い

都度払いと1回契約は、まったくの別物です。

都度払いは継続が前提ですが、1回契約は1回施術を受けると契約が終了します。

そのため、継続して通いたい人には向いていないので要注意です。



1回契約は、カウンセリング時のテスト照射程度ではお試し体験としては参考にならないのでガッツリ試したい、って人におすすめです。

まずは1回、本契約とまったく同じ条件で施術を受けることで、その後契約するかどうかを判断できます。

月額制と分割払いの違い

脱毛サロンやクリニックのホームページにはよく、「月額○○円」や「月々○○円」といった表記がされています。

でもだからといって、これらすべてを月額制と呼ぶわけではありません。

月額表記の大部分は、ローンを組んでの分割払いです。



表記的に紛らわしいですが、月額制と分割払いはまったくの別物です。

見分けるポイントは、小さい字で書かれた支払い例の詳細をチェックすることです。
1つでも「有」なら、それは分割払いです。

月額制と分割払いを見分けるポイント

  • 支払総額の有無
  • 支払い回数の有無
  • 解約返金の有無

全身脱毛で1回お試しができる脱毛サロンやクリニック

大半の脱毛サロンでは、契約は6回からとなっているケースが一般的です。

そんな中で、1回だけの単発で契約できる脱毛サロンやクリニックもあります。

部分脱毛にも力を入れているサロンの方に、よく見られます。

1回単発で契約できる脱毛サロン

  • ミュゼ
  • TBC
  • エピレ
  • 脱毛ラボ

ミュゼのみ全身脱毛も1回だけで契約できます。
その他は、部分脱毛となります。

1回単発で契約できる主な医療脱毛クリニック

医療脱毛クリニックは、基本的にどこでも1回から契約できます。
ここではその中から、おすすめのクリニックをピックアップして紹介します。

1回単発で契約できるクリニックの一例

  • TCB東京中央美容外科
  • アリシアクリニック
  • レジーナクリニック
  • フレイアクリニック

まとめ

月額制と都度払いのどっちを選ぶべきかについてポイントを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にここで、月額制と都度払いのメリットデメリットをまとめた表を再度掲載しておきます。

脱毛の月額制と都度払いのメリットデメリット

支払い方法 メリット デメリット
月額制
  • まとまったお金が必要ない
  • 毎月定額で脱毛に通える
  • 毎月の支払額が安い
  • 倒産されても被害額はほぼゼロ
  • 全身脱毛1回に複数回の施術
  • 毎月必ず通わなければいけない
  • 当月予約の翌月持ち越し不可
  • シェービング代が有料
  • 解約を忘れると永遠に払い続ける
  • 取り扱いサロンが少ない
都度払い
  • まとまったお金が必要ない
  • ローンを組む必要がない
  • 毎月の支払いを心配しなくていい
  • 支払いは施術分だけでムダがない
  • コース契約不要で勧誘もなし
  • 解約返金手続きの手間が不要
  • 倒産されても被害額はゼロ
  • 脱毛1回当たりの単価が最も高い
  • 各種割引の対象に入らない
  • 取り扱いが非常に少ない



決め手になるのは、支払額とデメリットのどちらがよりネックになるかです。

ストラッシュの月額制は、毎月4,400円
恋肌(こいはだ)の都度払いは、1回17,800円

(AF※)デメリットは多いけど支払額が安いストラッシュの月額制(※)

(AF※)支払額は高いけどデメリットがない恋肌(こいはだ)の都度払い(※)