ジェイエステとミュゼ【脱毛するならどっちがいいか比較してみた】

ジェイエステとミュゼのどっちで脱毛するべきか、どちらも通える範囲内にあると迷ってしまいますよね?

両社の公式サイトを覗けば、なんとなく違いは感じます。
でも自分で細かく比較するのは、ぶっちゃけ面倒で仕方ありません。

そこでここでは、あなたに代わってジェイエステとミュゼはどこがどう違うのか、徹底的に比較しています。

両社の違いが分かれば、ジェイエステとミュゼのどっちで脱毛するべきか、判断できるようになります。

それぞれを掘り下げて知ることにもなるので、どちらを選ぶにしても「こんなはずじゃなかった」なんて後悔することはないでしょう。

ジェイエステとミュゼの初心者向け脱毛キャンペーンならどっち?

まずはジェイエステとミュゼの、初心者向け脱毛キャンペーンから比較してみましょう。
どちらも当該サロンでの契約が初めての人限定で、1人1回しか利用できません。、

キャンペーンの比較

サロン名 キャンペーン 値段(税込)
ジェイエステ 選べる5部位脱毛&両ワキ完了脱毛 330円
デリケート5脱毛 2,200円
フェイス6プラン 2,200円
ミュゼ 初めての方限定キャンペーン 100円

ジェイエステのキャンペーンは、「両ワキ」「VIO」「顔」の3種類から選択できます。

一方のミュゼは、「両ワキ+Vライン」の1種類のみです。

ジェイエステのワキ脱毛キャンペーン

バナー 300 250

ジェイエステのワキ脱毛のキャンペーン内容は、「両ワキ×12回」と「5部位×各1回」で330円(税込)となっています。

個人差もありますが、両ワキに12回も施術を受ければ、自己処理が不要になる効果が期待できます。



「5部位」は、顔、うなじ、胸(乳房)、Iライン、トライアングル上下、Tバックゾーンを除く全身18部位から選べます。

こちらはあくまでもお試しなので、効果は期待できません。
今後の参考にするといいでしょう。

また、格安キャンペーンなのにペア割が利用できます。
2人以上で一緒に無料カウンセリングを受けて同時に契約すれば、50%オフで165円になります。

ただでさえ安いキャンペーンで割引が使えるなんて、真摯な姿勢に好感が持てます。

<ジェイエステの申し込みページに行く>

ミュゼのワキ脱毛キャンペーン

バナー

ミュゼのワキ脱毛キャンペーンは、「両ワキ+Vライン」の完了保証コースがベースになっています。
完了保証コースとは、一生涯通えるということです。

サロンの光脱毛は通わなくなるとまた生えてきますが、一生涯通えるなら効果はずっとキープできます。



また、「両ワキ+Vライン」以外も脱毛できますが、部位や回数は月によって変わります。
こちらはあくまでもお試しなので、効果は期待できません。

<ミュゼの申し込みページに行く>

料金はどっちも分かりにくい

ミュゼもジェイエステも部分脱毛がメインの脱毛サロンですが、料金システムはまったく違います。

どっちも分かりにくいので、簡単に概要だけ紹介しておきます。

ジェイエステの料金システム

ジェイエステ Lパーツ Sパーツ 分類 画像

ジェイエステは部分脱毛がメインですが、「VIO脱毛」や「顔脱毛」といったセットコースが存在しません。

「希望部位」と「回数」を選んで自分でカスタマイズしなければならない料金システムなので、パッと見ではいくらなのかがまったく分かりません。

Sパーツ

  1. トライアングル(上)
  2. トライアングル(下)
  3. Vライン
  4. Iライン※2
  5. Tバックゾーン※2
  6. うなじ
  7. 両ひざ
  8. 両ひじ
  9. 両手の甲&指
  10. 両足の甲&指
  11. 胸元(S)
  12. ヘソ下(S)
  13. ひたい
  14. 両Cライン※2
  15. 両頬
  16. 鼻下
  17. 口周り
  18. 両フェイスライン
  19. あご
Lパーツ

  1. 両ひじ上
  2. 両ひじ下
  3. 両ひざ上
  4. 両ひざ下
  5. 腹部
  6. ヒップ
  7. 胸元
  8. 胸(乳房)※2
  9. 背中上
  10. 背中下
  11. ヘソ下(L)

下記料金表は、1部位1回当たりの単価です。
「Sパーツ」「Lパーツ」は、上記画像のように分類されています。
画像内の赤丸がSパーツで、青丸がLパーツです。

Sパーツの料金(税込)

回数 料金
1~3回 2,750円
4~7回 2,200円
8~100回 1,980円

Lパーツの料金(税込)

回数 料金
1~3回 5,500円
4~7回 4,400円
8~16回 4,290円
17~39回 4,180円
40~47回 4,070円
48~55回 3,960円
56~63回 3,740円
64~71回 3,630円
72~79回 3,520円
80~99回 3,080円
100~119回 2,970円
120回~ 2,860円



「全身脱毛」も実質「部分脱毛」なので、注意が必要です。

全身フリーチョイス40回脱毛(全身脱毛)

回数 料金
40回 99,000円

ミュゼの料金システム

ミュゼは、法外な通常料金から割引を複数適用する料金システムです。

表記の割引を適用して計算しても、公式サイトと同じ値段にはなりません。

どんな計算方法が正解なのかは、謎です。

したがって、回数制は公式サイトに記載の6回の料金のみまとめて紹介します。

ミュゼの各コースの料金(税込)

コース 回数 料金
全身脱毛 6回 143,130円
顔脱毛 6回 74,100円
VIO脱毛 6回 86,922円
Sパーツ 6回 14,961円
Lパーツ 6回 29,922円



また、ミュゼでは「完了保証コース」で一生通えます。

ミュゼの完了保証コースの料金(税込)

コース 料金(税込)
ワキ+Vライン 100円
120,248円
VIO 116,000円
全身 187,200円

ミュゼとジェイエステの料金を比較

上記のように、ミュゼとジェイエステはどっちの料金も非常に分かりにくいので、パッと見では比較できません。

そこでここではほぼ同じ内容に揃えた上で、料金を比較しています。

ワキ脱毛ならミュゼ

ワキ脱毛はどちらも、格安キャンペーンで受けられます。

ジェイエステは12回ですが、ミュゼは一生涯通えます。
通わなくなるとまた生えてくる光脱毛のデメリットを考えると、ミュゼの方が長期間に渡って効果を維持できます。

しかもミュゼなら、「Vライン」も一生涯通えます。

「両ワキ」も「Vライン」も太く濃い毛なので、十分な効果を得るには多めな回数が必要になります。
ジェイエステの12回でも充分ですが、ミュゼなら更に高い効果を期待できます。

<100円はWEB申し込み限定!>

VIO脱毛ならどっち?

ジェイエステでデリケートゾーンの脱毛をするには、以下5つの「Sパーツ」を選択します。

ただ、「Iライン」と「Tバックゾーン」は一部サロンでは実施していない場合があります。
更に言えば、「Oライン」は取り扱い自体がありません。

ジェイエステ デリケートゾーン 施術部位

デリケートゾーン脱毛の部位

  1. トライアングル上
  2. トライアングル下
  3. Vライン
  4. Iライン
  5. Tバックゾーン



ミュゼなら、以下7部位となります。

ミュゼ ハイジニーナ7VIO脱毛 施術部位

VIO脱毛の部位

  1. トライアングル上
  2. トライアングル下
  3. Vライン
  4. へそ下
  5. Vライン上
  6. Iライン
  7. Oライン(ヒップ奥)

VIO脱毛の料金を比較(税込)

サロン名 VIO脱毛
ジェイエステ 46,200円
ミュゼ 86,922円

※ジェイエステはキャンペーンを利用し、ミュゼは各種割引適用後の料金で、6回に統一しています。



値段だけ見れば圧倒的にジェイエステですが、店舗によって取り扱いのない部位があるのがネックです。
また、「Oライン」がそもそも施術対象外な点にも注意したいところ。

部位にさえ問題がなければ、ジェイエステの方が安く脱毛できます。

<無料カウンセリングで部位確認!>

近所のジェイエステが「Iライン」と「Tバックゾーン」を扱っていなかったり、「Oライン」も希望する場合はミュゼプラチナムを選ぶべき、となります。

<広範囲をスッキリ脱毛!>

顔脱毛ならミュゼ

ジェイエステで顔脱毛するには、以下7つの「Sパーツ」を選択します。

ジェイエステ 顔脱毛 施術部位

顔脱毛の部位

  1. ひたい
  2. 両頬
  3. 口周り
  4. あご
  5. 両Cライン
  6. 鼻下
  7. 両フェイスライン



ミュゼなら、以下7部位となります。

ミュゼ 顔脱毛 施術部位

フェイシャル美容脱毛の部位

  1. ほほ
  2. もみあげ
  3. 鼻下
  4. あご
  5. あご下

部位数は同じですが、画像を見る限り施術範囲はミュゼの方が広くなっています。

顔脱毛の料金の比較(税込)

サロン名 顔脱毛
ジェイエステ 63,800円
ミュゼ 74,100円

※ジェイエステはキャンペーンを利用し、ミュゼは各種割引適用後の料金で、6回に統一しています。



値段は若干ミュゼの方が高いですが、顔全体が施術範囲になっていることを考えると、ミュゼの方がおすすめだと言えます。

<顔全体が脱毛できる!>

全身脱毛ならミュゼ

ミュゼ 施術部位 画像

ジェイエステの全身脱毛は、「全身から好きな部位を選んで脱毛できる」という意味です。
全身すべての部位をまとめて脱毛できるわけではありません。

本当の意味での「全身脱毛」が希望なら、検討の余地すらなくミュゼで決まりです。



注意点としては、回数コースには「顔脱毛」が含まれない点です。
完了保証コースでは、全身に加え眉と目元を除いた顔全体が含まれます。

ミュゼの全身脱毛の料金(税込)

回数 料金
6回 143,130円
完了保証コース 187,200円

フリーセレクトなら施術部位を確認

ジェイエステもミュゼも、好きな部位を選べるフリーセレクトコースがあります。

1部位当たりの面積が広い「Lパーツ」と、狭い「Sパーツ」に分類されます。

1部位1回当たりの単価が決まっていますが、ジェイエステでは回数割引が利きます。

一方のミュゼでは回数割引はありませんが、4回以上の契約で様々な割引が利用できるようになっています。

例を挙げるとキリがないので、Lパーツ1箇所6回の料金で比較してみます。

参考までに言うと、Sパーツの値段はLパーツの半分と考えてほぼ間違いありません。



ジェイエステのパーツ分類
ジェイエステ Lパーツ Sパーツ 分類 画像



ミュゼのパーツ分類
ミュゼ Lパーツ Sパーツ 画像

Lパーツの料金の比較(税込)

サロン名 フリーセレクト(L)
ジェイエステ 26,400円
ミュゼ 29,922円

※ミュゼは各種割引適用後の料金で、6回に統一しています。



ジェイエステはSパーツでも1回単位で契約できますが、ミュゼは2回単位でしか契約できません。

部位の分け方には微妙な違いがあるので、脱毛したい部位がどう分類されているのかを比較しての判断がおすすめです。

例えば胸元の場合、ジェイエステは「胸元(L)」「胸元(S)」「胸(乳房)」の3部位に分類されています。
ミュゼでは、「胸」「乳輪周り」の2部位です。

単純に値段だけで比較できないので、一概にどっちがいいとは言えません。

ミュゼとジェイエステの脱毛効果を比較

ミュゼとジェイエステはどちらも医療機関ではないので、永久脱毛はできません。

とはいえ、おなじ光脱毛でも施術方式が違います。
ミュゼは「S.S.C. iPS care 方式」、ジェイエステはIPL方式です。

ミュゼの「S.S.C. iPS care 方式」は、iPS細胞培養上清液の採用によって従来より脱毛効果が30%アップしたと言われています。

ミュゼ S.S.C. iPS care方式 効果



ジェイエステのIPL方式の方が太く濃い毛には強いですが、産毛には効果が落ちます。

脱毛効果に劇的な違いを感じる機会は少ないですが、顔脱毛など産毛がメインの部位ではミュゼの方が有利かも知れません。



ちなみに、ミュゼの「S.S.C. iPS care 方式」は美肌効果にも優れています。
「毛穴の引き締め」「トーンアップ」「ハリや弾力」「ツヤや潤いアップ」も期待できます。

ミュゼとジェイエステの口コミや評判を比較

実際に通っている人や通っていた人はどんな印象を持っているんでしょうか?

ミュゼとジェイエステの口コミや評判を、簡潔にまとめました。

ミュゼの口コミ評判

悪い口コミ評判

  • 勧誘がひどかった
  • 予約が取りにくい
  • 脱毛効果に満足できない
良い口コミ評判

  • 勧誘もなく接客も丁寧だった
  • 脱毛効果に満足している
  • 全然痛くなかった
  • 予約は意外に取りやすかった

ミュゼには多くの口コミが投稿されていますが、トピックはほぼ共通しています。

「勧誘の有無や接客の良し悪し」「予約の取りやすさ」「脱毛効果の是非」です。

対応したスタッフや投稿者が違えば、同じトピックでも評価が変わります。

結局は人それぞれなので、真実は身をもって体験することでしか分かりません。

ジェイエステの口コミ評判

悪い口コミ評判

  • 接客の距離感が近い
  • 勧誘される
  • リラックスできない
  • 電話予約しかできない
良い口コミ評判

  • 丁寧な施術で効果も感じる
  • 安いのに高品質
  • 予約が取りやすい

ジェイエステの特徴として目立つのが、「距離感の近い接客」です。
フレンドリーといえば聞こえは良いですが、人によっては嫌悪感を感じる可能性があります。

また、リラックスできないという投稿も見られます。
店舗によるのかもしれませんが、他のお客さんやスタッフさんの会話が聞こえてきては、確かに落ち着きません。

また、電話でしか予約できない点もネックです。
営業時間内に電話しなければいけないというのは、大きなストレスになるかもしれません。

ただ、他社に比べて予約は全体的に取りやすい点は、大きなアドバンテージです。

ミュゼとジェイエステの施術を比較

ここではミュゼとジェイエステの施術に関して、項目別に掘り下げて比較しています。

施術範囲を比較

ミュゼ 施術範囲

ジェイエステ 施術範囲

施術範囲は料金比較の項目でも触れましたが、改めて確認しておきましょう。

ミュゼもジェイエステも、顔から足の先までが施術範囲になっています。

部位の分け方はそれぞれなので、部位数での比較には意味がありません。

施術範囲での大きな違いは、ジェイエステでは「Oライン」が対象外になっている点です。
また、店舗によって「Iライン」と「Tバックゾーン」の取り扱いがない可能性もあります。

ジェイエステでデリケートゾーンの脱毛を希望する際には、必ず確認しましょう。

施術の痛みを比較

ミュゼとジェイエステでは脱毛方式が違いますが、どちらも出力が弱い光脱毛です。
そのため、感じる痛みに大差はないと考えて差し支えありません。

痛みは個人差にもよりますが、部位によっても変わってきます。

皮膚の薄い部位や骨に近い部位は、光脱毛でも痛みを感じやすい部位です。
実際に痛みを感じるかどうかは、個人差になります。

どちらで脱毛するにしても、痛みが気になることはないでしょう。

通う頻度を比較

通う頻度とは、実際の施術ペースを保証するものではありません。

基本的には、脱毛方式に依存します。
そのうえで、自社の予約枠と顧客数を勘案したうえで、予約可能な間隔が設定されているはずです。

実際に予約が取れるかどうかは予約状況次第によります。

ミュゼ 毛周期に影響されない 画像

ミュゼの公式サイトでは、「毛周期に影響されない」と明記されています。
理論上では、最短で2週間に1度の施術も可能です。

ただ、これはあくまでも脱毛方式での話です。
予約枠には限りがあるので、全員が短い間隔で施術を受けられるわけではありません。

管理人A

2018年頃には、予約が取りやすくなる特典が付いた「スターメンバーシップ会員制度」がありましたが、公式サイトから記述が消えているため、2022年現在も存在するのかは不明です。

そのため、ミュゼの施術間隔の目安としては、1ヶ月から3ヶ月となります。
ただし、予約状況に影響されます。



一方ジェイエステの施術間隔は、2ヶ月から3ヶ月に1度となります。
ジェイエステは、毛周期に合わせなければ効果が期待できないIPL方式です。

予約は取りやすいという口コミが多いので、施術は定期的に受けられる可能性が高いでしょう。

施術時間を比較

施術にどの位の時間がかかるのか、比較してみました。

ミュゼは、純粋な施術時間で両ワキ3分、入店から退店まで約20分程度。

ジェイエステは、両ワキなら入店から退店まで約30分程度。

ミュゼの方が、施術時間は短いです。

生理時の対応を比較

ミュゼでもジェイエステでも、生理時でもVIO以外なら施術は受けられます。

ミュゼとジェイエステの接客応対を比較

接客は結局のところスタッフ個人によるので、単純な比較は正直難しいです。

ただ傾向としては、ミュゼはキッチリしていて、ジェイエステはフランクな印象です。

どちらも、好印象を持っている人が多いです。

勧誘の有無を比較

ミュゼとジェイエステのどちらも、「無理な勧誘はしない」と言っています。

ただし口コミを見ると、どちらにも「勧誘された」という投稿が見られます。

実際に勧誘されているケースもありますし、単なる提案に過ぎないケースもあります。
勧誘かどうかは本人の解釈次第、という側面があります。

ただ、単なる提案も煮え切らない態度を取っていては、「押せばイケるかも」なんて思われてしまいます。
ハッキリ断らなければ、勧誘の圧は次第に強くなっていくでしょう。

感じ良くキッパリ断るのが、良好な関係を築くコツです。

キャンセル対応を比較

せっかく予約を取っていても、急な体調不良や生理でキャンセルせざるを得ないケースがあります。
そんな時、ミュゼとジェイエステではどんな対応をしてくれるのか比較してみました。

ミュゼでは、予約時間の24時間前までならキャンセル料ゼロでペナルティも課されません。

ただし24時間を切ると当日キャンセルとなり、解約時の返金対象から除外されます。
当日キャンセル分は、回数保証制度によりお手入れは受けられます。

また、キャンセルする際は公式アプリ「ミュゼパスポート」から簡単に手続きできます。



一方のジェイエステでは、予約前日の営業時間内までに電話連絡すれば、キャンセル料やペナルティは発生しません。
もし間に合わなかった場合は、1回消化となります。

管理人A

営業時間は概ね10:30から20:30ですが、店舗や曜日によっても違います。

そしてジェイエステ特有の問題として、例外の店舗があるので注意が必要です。
店舗によっては、予約日前日ではなく、2日前や3日前が期限になっています。

契約前の無料カウンセリングで、よく確認しておきましょう。

ちなみに、ジェイエステで予約キャンセルする方法は、電話連絡のみです。

剃り残し対応を比較

ミュゼでもジェイエステでも、予約日までに事前処理が必須です。
とはいえ、どんなに気をつけてはいても剃り残しはあるものです。

そこでここでは、ミュゼとジェイエステの剃り残しに対する対応の違いを比較してみました。



ミュゼでは、シェービングサービスは行っていません。
剃り残しがある場合は、該当部位を避けて照射されるか、ヒドい場合はその日の施術自体断られてしまいます。

ただし剃り残しの場所が「襟足」「背中上下」「ヒップ奥」の場合は、スタッフさんが手伝ってくれます。



一方のジェイエステでも、シェービングサービスは基本的に行っていません。
ただし、指定のシェーバーを持参することで、顔とデリケートゾーン以外のシェービングはしてもらえます。

剃り残し具合によっては施術を断られることがあるので、事前処理が不要ということではありません。

解約手数料を比較

脱毛サロンではもちろん解約できますが、手数料が引かれる可能性があります。
ミュゼとジェイエステではどうなのか、調べてみました。

まずミュゼでは、解約手数料は無料です。
契約期間内なら、未施術分の料金を返金してもらえます。



一方のジェイエステでは、返金額の10%が解約手数料として引かれます。
ただし上限は2万円までという法律があるので、それ以上引かれることはありません。

ミュゼとジェイエステの通いやすさを比較

脱毛は、長期間通い続けなければなりません。
そのため、通いづらさがあると途中でやめてしまいがちです。

アクセスや営業時間の各自での確認は必須なので、ここではその他のポイントを比較してみました。

予約の取りやすさを比較

脱毛の不満でもっとも多いと言っても過言ではないのが、「予約が思うように取れない」です。

ただ、曜日や時間帯を調節できれば難なくクリアできるケースもあります。

口コミの投稿では細かい事情が書かれていないケースが多いので、鵜呑みにはできません。



ただ、人気サロンほど多くの顧客を抱えているので、ある程度の予約の取りづらさは覚悟しておく必要があります。



予約の取りやすさは様々な条件にも影響されますが、ミュゼよりジェイエステの方が予約は取りやすい印象です。

店舗移動の可否を比較

店舗移動とは、手続きなしでどの店舗にも予約できて施術を受けられるかどうか、です。

仮に店舗移動ができるなら、それだけ予約が取りやすくなりますし、通いやすくなります。



ミュゼでもジェイエステでも、店舗移動はできます。

店舗数を比較

店舗数が多いほど、当然通いやすさは増します。

2022年7月現在、ミュゼは169店舗、ジェイエステは約100店舗となっています。

まとめ

ミュゼとジェイエステを徹底的に比較してきましたが、いかがだったでしょうか?
最後にここで、まとめておきます。

まとめ

  • どちらも格安キャンペーンがおすすめ

  • ジェイエステにはセットコースがない

  • ミュゼには完了保証コースがある

  • ミュゼの方がより美肌効果に期待できる

  • ジェイエステにはアプリや会員ページがない

  • ジェイエステは解約手数料が引かれる

  • ジェイエステの方が予約は取りやすそう