脱毛の支払い方法でおすすめはどれ?【倒産リスクを考慮したランキング】

脱毛の支払い方法をどうするべきか、迷っていませんか?
料金が高額になるプランならローンを組んで分割払したいところですが、大きな懸念材料が引っかかります。

金銭トラブルや倒産リスクです。

もしも一括払いや分割払いにしていたら、最悪な場合施術も受けられず返金もされずで泣き寝入りです。

そこでここでは契約先の倒産リスクを考慮した上で、脱毛を契約する際におすすめの支払い方法を紹介しています。
各支払い方法の、メリットデメリットも分かります。

最悪の場合お金だけ失う、というリスクが回避できます。

脱毛の支払い方法は4種類

脱毛の支払い方法

  1. 一括払い
  2. 分割払い
  3. 月額制
  4. 都度払い

倒産リスクを考慮した上での脱毛のおすすめ支払い方法ランキング

おすすめ支払い方法ランキング

  • 1位 都度払い
  • 2位 月額制
  • 3位 分割払い
  • 4位 一括払い

倒産リスクを考慮する必要がなければ、この順位にはなっていません。
注意したいのは、「都度払い」や「月額制」はどこでも契約できるわけではない点です。

以下で、各支払い方法のメリットデメリットを解説しています。
また、おすすめの契約先もあわせて紹介しています。

都度払いのメリットデメリット

都度払いとは、施術のたびに料金を支払う方法です。
スーパーやコンビニで買い物をするのと同じ感覚です。

都度払いのメリット

  • 将来の施術料金を前払いする必要が一切ない
  • 倒産した場合の被害はゼロ
都度払いのデメリット

  • 1回当たりの単価が割高
  • 契約先が限られる

都度払いは、恋肌(こいはだ)で契約できます。
全国展開しているため店舗が多く、全身脱毛で都度払いができます。

月額制のメリットデメリット

月額制は、今風でいうところのサブスクです。
継続して通うことが前提で、毎月支払いが発生します。

月額制のメリット

  • 将来の施術料金を前払いする必要が一切ない
  • 倒産した場合でもすぐ解約すれば被害はゼロにできる
  • 毎月少額で全身脱毛できる
月額制のデメリット

  • 全身脱毛1回に複数回の施術が必要
  • シェービング代が有料
  • 当月の予約を翌月に持ち越せない
  • 解約しない限り支払いが続く

月額制は現在、ストラッシュと脱毛ラボでしか契約できません。
実用的に通えるのは、ストラッシュです。

分割払いのメリットデメリット

分割払いは、ローン会社やクレジットカード会社に全額立て替えてもらう支払い方法です。
私たちはローン会社やクレジットカード会社に、金利という名のお礼を上乗せして毎月返済していきます。

分割払いのメリット

  • 手持ちがなくてもすぐに脱毛を始められる
  • 毎月無理のない支払いで脱毛に通える
分割払いのデメリット

  • 審査に通らなければ利用できない
  • 金利によって支払総額が多くなる
  • 倒産した場合返金されない可能性がある
  • 脱毛に通い終わっても支払いだけが残る場合がある

一括払いのメリットデメリット

一括払いは、全額を手持ち資金で一括払いする方法です。
現金やクレジットカードで決済します。

一括払いのメリット

  • 支払総額が最も安い
  • 負債を抱えずに済む
  • クレジットカードを使えばポイントも貯まる
一括払いのデメリット

  • あらかじめ預貯金がなければできない
  • 倒産した場合返金されない可能性がある
  • 預貯金が大幅に減ってしまう

人気サロンでも倒産する現実を知っておくべき

今回、倒産リスクを考慮した上での脱毛の支払い方法おすすめランキングを紹介した理由は、人気サロンの「キレイモ」が金銭トラブルを起こしているからです。

実際に今後キレイモが倒産するかどうかは、今のところ分かりません。
ただ、過去には人気だった脱毛サロンが倒産しています。

知名度があれば安心できるのは事実ですが、人気サロンでも倒産するという現実は知っておいて損はありません。



脱毛は、数年間に渡る長期戦です。
2年後や5年後でも存続している保証はありません。

倒産した場合、返金される可能性は極めて低いのが現実です。
そう考えると、原則全額前払いには大きなリスクしか感じません。

もしも倒産リスクを回避したいなら、「都度払い」か「月額制」がおすすめです。
特におすすめな支払い方法が、恋肌の全身脱毛都度払いです。

<初回限定割実施中!>