脱毛ローンの審査に通らない理由と解決策【分割払い以外の契約方法】

脱毛ローンの審査に通らないのは何故なのか、納得できないんじゃないでしょうか?

でも、毎日真面目に働いているからといって、必ずしも脱毛ローンの審査に通るとは限らないのが現実です。

そこでここでは、脱毛ローンの審査に通らない理由と解決策を紹介しています。

とはいえ、解決策を実践しても100%脱毛ローンが組めるようになるとは限りません。

脱毛ローンが組めない人でも脱毛に通う方法も紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

脱毛ローンの審査に通らない理由

脱毛ローンの審査に通らない主な理由は、「収入」「支払い」「借り入れ」のいずれかに問題がある場合です。

審査に通らない理由

  • 未成年
  • 支払い能力が乏しい
  • クレジットカードの支払いができなかった月がある
  • 家賃やスマホ代を2ヶ月以上滞納した経験がある
  • 年収の3分の1以上の借り入れをしている
  • 自己破産などの債務整理をした

脱毛ローンの審査に落ちた場合の解決策

脱毛ローンの審査に落ちた場合、理由によっては解決できる可能性があります。
試してみれば、今度は脱毛ローンの審査に通るかもしれません。

未成年者は親権者に頼るか20歳まで待つ

未成年者はそもそも法律により、単独での契約はできません。
ローンはもちろん、脱毛の契約自体もできません。

2022年4月1日以降成人年齢が18歳以上に引き下げられましたが、脱毛の契約には18歳や19歳でも親権者の同意書を必要とするサロンやクリニックが多く見られます。

親権者名義でローンを組める可能性もありますが、信販会社次第となります。

ただし、20歳になれば脱毛やローンの単独契約ができるようになります。
その時にアルバイトでも安定収入があるなら、ローンの審査にも通る可能性は高いです。

連帯保証人を付ける

ローンの審査基準は公開されてはいませんが、常識的に考えても支払い能力が重要なのは疑いの余地がありません。

全身脱毛や医療脱毛など料金が高額になる場合は、支払い能力に疑問を持たれるかもしれません。
特に年収の3分の1に迫る金額なら、脱毛ローンには通らない可能性があります。

そんな時は連帯保証人を付ければ、脱毛ローンの審査に通りやすくなります。
もちろん、連帯保証人の支払い能力もチェックされます。

脱毛ローンの審査に通る安全圏の目安としては、年収の3分の1です。
これは脱毛だけに限った話ではなく、その他のローンも含めての話です。

滞納があるならすべて支払う

脱毛ローンの審査では、支払いの意思も重視されます。
目に見えない意思をどう判断するのかと言えば、過去から現在に至るまでの支払い実績です。

支払いに滞りがあれば、ローンの審査には通らない可能性が高くなります。

滞納の事実が消えるわけではありませんが、もし現時点で滞納しているならすべて支払っておくべきです。

脱毛ローンが組めない人が脱毛を契約する方法

脱毛ローンが組めないと脱毛に通えないのかといえば、そんなことはありません。

ここでは、ローンなしで脱毛に通う方法を紹介します。
対象となるのは、次のような人たちです。

対象者の例

  • 脱毛の同意は得られたけど親名義でのローンが叶わなかった未成年者
  • 審査に通る連帯保証人を付けられない人
  • 支払い遅延で信用情報にキズが付いている人
  • 借入額が年収の3分の1を超えている人
  • 前回の審査落ちから半年以内の人
  • 自己破産などの債務整理した人

このような人は脱毛ローンが組めないので、分割払いは諦めましょう。
ここで紹介するのはもちろん、一括払いではありません。

月額制です。

脱毛の月額制はサブスクなので、そもそも審査なんてありません。
ローンが組めない人でも、問題なく脱毛の契約ができます。

しかも、月額制なら金利手数料もかかりません。
ローンと違って全額前払いしないため、倒産解約返金リスクがほぼゼロなのも大きなメリットです。

ただ、脱毛の月額制にはデメリットが多いのも事実。
必ず確認した上で申し込むようにしましょう。